バット男 エンディング(AAAB)

あなたは私情を捨て、ヒーローとしての役割を全うした。邪念を払い、戦闘員Cへの許されない恋心をかなぐり捨てて任務に挑んだ結果……ヒーローでありながら総統に選ばれてしまった。彼のまっすぐな想いはバット男として、頼りになると判断されたのだろう。このまま総統になって、ハルマゲドンという組織を更生させるのも、ひとつの道なのかもしれない。そうすれば、きっと戦闘員Cも……。おっと、このような邪念は禁物だ。